開設したインスタにかまけており、久しぶりのブログ更新です。

今年度から始まった専門の実習の様子を少し紹介します(来年も同じ内容になるとは限りません!)。

今年は数多くの学生が履修希望をしてくれたので、日程を2回に分けて実施しました。

テーマはずばり沖縄の水産の現場を知ろう!

ということで、クロマグロシーズンの泊漁港に学生たちを連れて見学にいってきました。

早朝に集合して、まずはセリの見学。

浅海モノのヒロサー(ナポレオン=メガネモチノウオ)、深海一本釣りのアカマチ(ハマダイ)、沖合のマグロ類などを5-6人班で交代で入場しながら見学します。(セリの様子の写真はありません)

セリ後は那覇地区漁協セリ長の大城さんからマグロ類の漁獲や流通について直接レクチャーしていただきました。

沖縄でマグロが採れることすら知らなかった学生たちも、沖縄のマグロが日本全国に流通することを学びます。

続いて加工の行程を学びます。

200 kg近いクロマグロがするすると解体されていく様子を間近でみることができました。

とても美しい断面です。

脊椎骨、神経棘、血管棘、担鰭棘など、これほど綺麗に分かりやすく見れる機会はそうありませんね。

しかもしかも、なんと丸ごと一本のマグロ中落をサービスしていただきました!

ゴリゴリの筋肉を感じながらスプーンですくって食べる中落!最高ですね!

なるきさんを始め、まるなお水産の方々、ありがとうございました!

さて、加工について学んだあとは、小売業について学ぶためにお隣の「泊いゆまち」へ。

実は、2日間の日程のうちクロマグロがセリに出たのは1日だけ・・・。

ということで、なんと別日には今度はかみやさんのご厚意でサービスが!

なんとなんと暖かい!


大勢で大変お邪魔だったことでしょうが、泊漁港に関わるたくさんの方々のおかげで漁獲から、卸売り(セリ)、流通、加工、小売り、さらには消費(食べる)までを学ばせていただきました。

本当にありがとうございました!

こえだ

関連記事

  1. 日本唯一(仮)のノコギリエイ標本

    2022.06.21

    日本唯一(仮)のノコギリエイ標本

    これがアバサーの皮のみそ炒めだ!よく見ると棘の痕がたくさんこれは珍…

    日本唯一(仮)のノコギリエイ標本
  2. 野外実習2022(陸の生き物編)

    2022.07.21

    野外実習2022(陸の生き物編)

    琉球大学西表研究施設の宿泊棟。懐かしい・・・生物学野外実習のため西表島にいってきました…

    野外実習2022(陸の生き物編)
  3. 小枝研 冬の陣(初陣)

    2024.02.13

    小枝研 冬の陣(初陣)

    大変ながい間、ブログの更新が途絶えており大変申し訳ございません。特にこれといった理由があるわけでは…

    小枝研 冬の陣(初陣)
  4. 3月の振り返り(JAMSTEC遠征-前編)

    2023.04.5

    3月の振り返り(JAMSTEC遠征-前編)

    すっかりイベント数とブログの更新頻度が釣り合わなくなってきましたが、なんとか振り返りもやっていきま…

    3月の振り返り(JAMSTEC遠征-前編)
  5. 研究室の初ゲスト

    2022.06.19

    研究室の初ゲスト

    瀬能 宏さん、昆 健志さんこえだ研の記念すべき最初のゲストとして神…

    研究室の初ゲスト
  6. デビュー戦

    2022.10.12

    デビュー戦

    卒論のテーマ決めも兼ねて新規加入の3年生2人と潜ってきました。金子くんは配属決定後に潜って研究をす…

    デビュー戦
  7. 寒波が去って

    2023.01.31

    寒波が去って

    年明けから続いていた暖かい日が吹き飛ばされるような寒い日が続いていました。数年に一度の寒波とのこと…

    寒波が去って
  8. 地球外生命体と言われても不思議はない

    2022.12.9

    地球外生命体と言われても不思議はない

    先週のことになりますが、水曜日に標本作成をしました。なかなかパンチのある魚もいたので紹介します。…

    地球外生命体と言われても不思議はない
  9. 極寒の水面移動の果てには

    2024.03.7

    極寒の水面移動の果てには

    はじめまして、小枝研究室所属4年次のタクマです。ブログの更新は長らく小枝先生に丸投げでしたが、小枝…

    極寒の水面移動の果てには

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP